今日も気持ちのいい天気ですね。


先週末アステールおかむらでは『羽毛無料点検』を実施したのですが、布団を愛するお客様に大変ご好評でした。羽毛のふくらみ具合や片寄りをチェックしたり、生地の状態をチェックしたり、羽毛布団の作られ方(羽毛の充填方法)をお話しながら、実際に羽毛を取り出したり…。


そして寝具のプロが、きちんと本音で診断状況をお伝えします。


例えば、羽毛布団の立体キルトのマチが破れていて常に羽毛が片寄ってしまう場合には、足し羽毛しても意味がないケースもありました。そのお客様は足し羽毛をご希望されていましたが、マチが破れていますので、衿元に充填された羽毛はすぐに隣のマスへ移動してしまいます。特別にお安くしている足し羽毛価格(3,980円)ですが、無駄なことならしない方が良いです。そのまま我慢して使うか?羽毛リフォームをされるか?をご提案してどちらかをお客様に選んでいただきます。


また逆のケースもありました。


やはりお客様は足し羽毛をご希望されていました。けれども羽毛診断した結果は◎、どこも悪くありません。リフォームする必要はもちろんなく、羽毛のふくらみ具合も良く、片寄りもなく、逆に足し羽毛をすることによってその部分がパンパンになってドレープ性が悪化する恐れがありました。


そのため、その方には羽毛の丸洗いクリーニングのみをおすすめして診断終了、となりました。


足し羽毛をすると、「どんな羽毛布団でもよりあたたかくなる」と思われがちですが、良い状態に余分なものを足してしまうと、悪い状態になることもあります。羽毛布団に充填されている羽毛も量が多ければいい、というものではありません。何事もバランスが大切ですね。


次回は6月13日(金)と6月14日(土)の2日間です。無料点検をご希望の方はどうぞお越しください。日時をご予約いただいた方を優先しておひとりずつ点検します。ご予約なしでも点検いたしますが、お待ちいただく場合もございますのでご了承ください。