今日は日中も肌寒さを感じてしまう一日でした。

天気も良く、行楽日和だからでしょうか…店長のお店はとてもゆっくりと時間が過ぎているような一日でした…分かりやすく言うと暇だったんです。

こんな時だからこそ出来ること…年賀状の作成、店内備品の不足チェック、店内ポップ作成…やろうと思えばいくらでもすることがありますが、のんびりと無理をせずに出来ました。お客様のご来店が少なかったのは正直なところ、秋風冷たし…と言ったところですが、普段出来ない雑務が出来たのでこれも『善し』ですね。

店長の好きな言葉に『すべて善し』という言葉があります。

昔ある方に言われたことがありました。

「世の中にはうれしいことばかりではなく、辛いことや嫌なこと、悲しいこともあるよね。人は誰でも、楽しいことやうれしいことは歓迎するけど辛いことや悲しいことは避けたいじゃない?けどね、そのすべてには意味があるんだよ。辛いことを経験したから以前よりちょっとだけ優しくなれたり、嫌なことをされたからされる人の気持ちが分かるようになったり…だから世の中で起きるすべてのことはすべて善しなんだよ。」

その当時は『辛いこと、嫌なことも善し』ってよく理解できませんでした。でも平成17年6月の交通事故に遭ってからは少しずつその言葉の意味が実感できるようになってきました。