4月になりましたね、新年度のスタートですので晴天を期待していましたが小雨交じりの朝になりました。

今朝、日経新聞を読んでいるとある記事が目に付きましたのでご紹介します。

日経新聞2010.4.1

※画像をクリックすれば拡大して読みやすくなります。

同じ寝具業界に携わるものとして残念な記事です。カシミア80%と表示していた掛布団が、全くカシミアが入っていなかったという内容です。しかもサンプル品の検査段階ではきちんとした充填物で、実際の販売品にはカシミア0%とのことですので、かなり悪質だと思います。

以前も書いたことがありますが、良質な素材はそれなりのコストがかかります。企業努力としてコスト削減して、消費者の皆様に少しでもお安く御提供できることは良いことだと思いますが、そこばかりに目がいくと新聞記事のようなことが起こるような気がします。

製造・販売する側の倫理が崩れてしまう以上、消費者も賢くならなければならないなぁ〜と感じました。