前回は姿勢別の腰への負担度についてお話しました。さらに日中の活動時間に圧力を受けて薄くなってしまった椎間板を回復させるのは、横になって7時間以上寝ることだとお話しました。けれども寝ているときの姿勢によっては、逆に椎間板に負担をかけてしまうということもお話しました。

今回はいよいよ本題に入ります。

カラダの各部にかかる
体重の割合

体重割合

私たちが横になって寝ているとき、それぞれのパーツには異なる体圧がかかります。年齢や体型によって微妙に異なってきますが、人間工学的には一番重たい部分が「腰部」で44%、次に重たいのが「胸部」で33%、「脚部」が15%、「頭部(頚部)」が8%となります。つまり寝ている状態では胸部と腰部だけで体重の約80%を支えていることになります。

長年使ったマットレスや敷ふとんを見てもらえば一目瞭然、腰(おしり)部分が凹んでいませんか?こまめにローテーションをしている方はそこまで目立たないかもしれませんが、ほとんどの方のマットレスや敷ふとんは凹んでいるはずです。

どんなふとんがいい?
やわらかめ?かため?

敷ふとんのかたさ タイトル

寝姿勢 やわらか
やわらかすぎる敷ふとんの寝姿勢


一時期ブームとなった低反発素材などのやわらかすぎる敷ふとんは、重さに応じて凹んでいきます。当然一番重たい部分が一番凹みますので、〈腰が沈んだ仰向け寝〉になり腰(特に椎間板)の負担が大きくなります

またやわらかすぎる敷ふとんではありませんが、綿わたの敷ふとんや羊毛混固わた敷ふとんなど全体が均一のかたさの敷ふとんは徐々に腰部分がヘタってきます。積年使用によっていったん凹んでしまった中素材は元には戻りません。腰部分が凹んだ敷ふとんに寝続けていると、こちらも〈腰が沈んだ仰向け寝〉になりますので、寝ている時間にもかかわらず腰への負担が大きくなります。そのため、腰部分が凹んだ敷ふとん素材ややわらかすぎる敷ふとん素材はおすすめできません。

寝姿勢かため
かたすぎる敷ふとんの寝姿勢


それならかたい敷ふとん素材ではどうでしょうか?押入れの中で下の方に置かれていた綿わたの敷ふとんなど、全体がヘタってしまったいわゆる「せんべいふとん」や畳ベッドなどかなりかたい寝心地ですよね。これらかための敷ふとん素材は、寝姿勢としては悪くありません。背筋をピーンと伸ばした直立時と同じ姿勢で寝ることが出来ますので、腰への負担は大きくありません。

けれども、カラダの重さの約80%を肩(胸部)とおしり(腰部)で一晩中支え続けますので、朝起きたときに肩とおしりに圧迫痛を感じる可能性があります。さらにかたすぎる敷ふとんでは、腰のくびれた部分に隙間が出来ますので、この部分の筋肉が一晩中緊張状態のためリラックス出来ません。筋肉を休息させることも睡眠の大きな役割ですので、こちらもマイナス要因といえそうです。

(いよいよ最終章です)