眠りの不思議


睡眠人は眠ることで、筋肉などの肉体的疲労をとるだけでなく、栄養を必要な部位に供給します。また記憶を整理して、憶えておくことや忘れてもよいことなど脳の再構築もします。


また睡眠中にしか分泌されなくホルモンなどもあり、眠りお子様の成長や女性の美容にも大きな影響を与えています。


睡眠中にしか分泌されない代表的なものが成長ホルモンです。その名のとおり、成長期のお子様の骨を伸ばしたり、筋肉を増やしたり、身体の成長を促すホルモンで、特に夜10時〜夜中2時の4時間が最も分泌の盛んな時間帯です。


もう身長が伸びる時期でもないし、成長ホルモンが分泌されなくてもいいわ!なんて思っている方、もうちょっとよく聞いてください。


成長ホルモンは大人にとっても重要で、傷ついた細胞を修復したり、新しい細胞を作り出したり、新陳代謝を促進させる働きがあり、疲労回復に大きくかかわっています。睡眠不足だと肌が荒れるのは、成長ホルモンが十分に分泌されず、皮膚の新陳代謝がスムーズに行われないためなのです。傷ついた細胞が修復されないということは、自然治癒力が働いていないということです。つまり睡眠不足や寝るべき時間に寝ていないことは、あらゆる病の原因にもなってきます。

綺麗になりたい女性は、化粧品の効果を高めるため、夜10時には必ずふとんに入る生活習慣にあらためて『質の良い睡眠』を心掛けてみて下さい。



§ ここが大事 §
睡眠中にしか分泌されない成長ホルモンは、傷ついた細胞を修復したり、新しい細胞を作り出したり、自然治癒力を実行しているホルモンです。健康のためにも、美容のためにも、質の良い睡眠を心掛けて下さい。