今日もアステールブログをご覧いただきありがとうございます。


少し前のお話ですが、2018年12月、奈良県のムートン工場見学をしました。ムートンが寝具として優れている点は知っているつもりでしたが、ムートン工場の社長様からとても興味深い話を聞きましたのでご紹介します。



ムートンフリースムートンの本場といえば、羊さんがたくさんいるオーストラリアです。オーストラリアでは、赤ちゃんが生れるとムートンシーツの上で寝かしつけるそうです。


ムートン 赤ちゃんその話を聞いたとき、すぐに思いました。赤ちゃんのときからムートン?贅沢だなぁ〜と。けれども、ムートンを使うにはちゃんとした理由があるのです。



理由
赤ちゃんの健やかな成長のため

理由
一年を通じて快適に眠れるため

理由
お母さんの疲労を少なくするため



赤ちゃん 眠り赤ちゃんは、肌がやわらかく、とってもデリケート。そして寝返りも出来ません。生後1ヵ月の赤ちゃんの睡眠時間は平均17時間。基本的に授乳中以外は横になって寝ています。


同じ姿勢で寝ているとき、「圧」がかかる部分の毛細血管は血流が妨げられます。そして時間の経過とともに、うっ血してきます。


そのため、寝返りのできない赤ちゃんは、泣くことで大人に訴えかけます。「うっ血しているよぉ〜。」と血流を回復するためにも泣きます。



赤ちゃん 抱っこ抱きかかえて、「よしよし」してあげると妨げられた血流は回復します。その後、寝かせつければ、また何時間か後にはうっ血して泣いてしまうことになりますが…。



赤ちゃん 成長ムートンで眠ると、毛細血管の血流を妨げず、うっ血を防げます。泣いてお知らせすることも少なくなりますので、良い睡眠につながり、成長ホルモンの分泌も活発になります。血液循環は栄養補給と老廃物の運搬をしますので健やかな成長を妨げません。


ムートンは高密度な毛の間に空気の層を保ちます。実はこの空気層の温度・湿度は一年を通じて一定です。



ムートンのススメ4



そのため、外気が冷たい季節にはムートンは暖かく、外気が蒸し暑い季節にはひんやりと感じられます。


ムートンのススメ5

これは井戸水の原理と同じです。


そのためムートンを使えば一年を通じて快適な温度・快適な湿度、つまり快適な睡眠環境で眠ることができます。良い眠りは良い睡眠環境から…。


赤ちゃんが泣くのは、「お腹が減ったよぉ〜」というお知らせ、「うんちが出たよぉ〜」というお知らせ、そして「うっ血しているよぉ〜」というお知らせです。


ムートンの上で眠れば毛細血管の血流を妨げませんので、泣いてお知らせする回数が減ってきます。つまり、育児疲れのお母さんも少しだけ、ぐっすり眠れるようになり、お母さんの疲労回復にもなります。


もし、赤ちゃんに泣く能力がなく、17時間も寝返りをせず、同じ姿勢で眠っていたらどうなると思いますか?


ムートン工場の社長様によれば、「10時間以上も同じ姿勢で寝ていれば、赤ちゃんに限らず、大人でもうっ血しますので、間違いなく、褥瘡(床ずれ)になりますよ。」とのこと。


睡眠時の血流を妨げず、一年中快適な温度と湿度、良い睡眠で疲労回復できる優れた高品質ムートン敷きパッド。お使いの敷きふとん・ベッドの上に置いて、あなたも身体にやさしい健康睡眠はじめませんか。


★★★★ムートン


★★★★★ムートン


ここに掲載しているムートン敷きパッドは決してお安い商品ではありません。旧・京都西川が『より良い睡眠のために…。」と、こだわりを持って商品化しています。

高密度スプリングラム・ムートン原皮から厳選した部位だけを集めていますので、身体を支える弾力性が違います。毛細血管の血流を妨げず、身体を浮遊させる弾力性をそなえた最高品質ムートンで良い眠りを体感ください。




只今、60回分割払いでの金利手数料を弊社負担しております。どうぞお求めやすいクレジット分割払いをご利用下さい。