今日もアステールブログをご覧いただきありがとうございます。

今年は5月から夏のような暑い日がありました。そろそろ、冬用の羽毛布団では少し暑く感じる夜も増えてきました。寒い時期に活躍した羽毛ふとん、秋・冬も快適な状態で使えるようにメンテナンスしませんか?


あなたの羽毛ふとん
お手入れしませんか?

メンテナンス方法はいくつかあります。

羽毛診断2

診断して、羽毛ふとんの状態に問題なければ、『除菌消臭』をおすすめします。

当店推奨のフィトンチッド溶液を噴霧して、羽毛ふとんをしっかり乾燥させます。収納ケースに入れて押し入れに保管する。これだけで十分です。

羽毛ふとんの側生地の汚れていたり、汗などによるニオイが気になったり、中綿に付着した皮脂汚れでボリュームがなくなっているなら、『専門工場で丸洗い』することで清潔になり、ふくらみが回復する場合もあります。

けれども、羽毛そのものが粉状になってボリュームがなくなっているなら、粉状になった羽毛を取り除き、新しい羽毛を足してあげる『羽毛リフォーム』をする必要があります。

また側生地が傷んでしまったり、羽毛が飛び出していたり、羽毛が偏っていたりする場合も、『羽毛リフォーム』をする必要があります。

ただ一概に羽毛リフォームといっても、羽毛(ダウン)も経年劣化していきますので、その羽毛ふとん購入時の新品状態までにはなりません。ご購入から10〜15年以上経過しているなら、リフォームするよりは『新しくお買い換え』した方が良い場合もあります。

普段からそのような羽毛ふとんに関するアドバイスを当店スタッフいたします。どうぞ、羽毛ふとんをご持参の上、「羽毛診断してほしい!」とスタッフにお申し付けください。


6月15日(土)16日(日)
西川の専門スタッフが
診断にきています。


羽毛診断1


ご予約いただいた方を優先しております。

0833−71−0736

ご希望日時を事前にご連絡ください。

WEB申込みボタン