眠りプロデュース★ ASTER BLOG

山口県光市に店舗を持つ1949年創業の専門店。快適な眠りのためのふとん、時をこえて輝くジュエリー、健康維持に役立つ商品など…。厳選したこだわりの商品をアステールブログで詳しくご紹介しますね。

玉川温泉

玉川温泉・岩盤浴ふとん祭り

今日もアステールブログをご覧いただきありがとうございます。

朝晩と冷え込んできましたね。今朝、家を出て、外吹く風の冷たさに冬の訪れを感じました。

明日11月17日(土)と明後日18日(日)は、秋田県にある玉川温泉の成分を活用した「玉川岩盤浴寝具」の体感フェアを開催します。ポカポカのぬくもりを感じてほしいと思います。

玉川温泉といえば岩盤浴発祥の地ですが、どうして寝そべっているか?知っていますか?

もちろん、地熱によって身体の芯からポカポカと温めているのですが、ここ玉川温泉に訪れる人にはもうひとつ目的があります。

それは、ラジウムによるホルミシス効果に期待して寝そべっているのです。

玉川温泉 岩盤浴

目に見えませんし、身体で感じることも出来ませんが、玉川温泉の岩盤からは天然ラジウムが放射されていて、そのラジウムを身体中に浴びるために時間を費やしています。

大噴測定

過去に訪れた際、実際にラジウムを測定してみました。場所によって、数値にはバラつきがありますが、普通の場所ではこれだけの数値が表示されることはありません。まず100を超えることはなく、一桁の場合がほとんどです。(この数値についてはコチラの記事をご覧ください)

玉川岩盤測定

この数値の正体はラジウムです。

玉川温泉から湧き出るお湯からはラジウムが放出されています。そして湯の花が堆積して出来上がったのが「天然記念物・北投石(ほくとうせき)」です。


北投石

北投石は天然記念物ですので採取することが出来ません。けれども、湯の花は採取することが出来ます。この湯の花を精製して商品化したものが、「玉川岩盤浴寝具」です。






これらの寝具で眠るだけで、秋田県・玉川温泉で寝転がって岩盤浴をしているのと同様に温熱のぬくもりとラジウムを身体中に浴びることが出来ます。



ご興味のある方、今週末はアステールおかむらへお立ち寄りください。

購入ページへ

健康に過ごす秘訣は
良質な睡眠と免疫力アップ

秋田“いのちの温泉”

先週、ある方から電話がかかりました。「6月22日の夜、NHKの72時間という番組で、玉川温泉について放送していましたが、見られました?」と。

電話があったのは、休日に家でゴロゴロしていた24日(日)のお昼頃のことで、まったく知りませんでした。

すぐにネット検索してみると、今日6月30日(土)11時25分から再放送されるようです。玉川温泉に興味のある方!まもなくですので、ぜひご覧になってください!

秋田県の玉川温泉には、三度ほど行ってきました。まさに秘湯といった湯治場です。その自然環境、ピリピリする強酸性の泉質、湯気からのラドン、自然岩盤浴の熱さ、そしてラジウム放射線。まさに地球から生命力が湧き出てくるような場所…機会があればまた行きたい場所です。


ご興味ある方は、ぜひ秋田県の玉川温泉に行ってみてください。


けれどもご遠方にお住まいで、行くことが難しい方は、玉川温泉の成分をつかった肌ふとん敷きふとん温浴器などを当店でご購入できます。


玉川温泉パワーを測定

今週金曜日と土曜日に「バランス革命体験会」、そして「玉川岩盤浴フェア」を開催します。本当に不思議なインソール、そして秋田県玉川温泉のラジウムパワーを浴びることが出来る商品です。まずは冷やかし気分で構いませんので、お気軽に見に来てほしいと思います。

世の中には、不思議な商品や、役立つ商品が色々と埋もれています。CMやテレビで取り上げられている商品だけが優れた商品ではありません。宣伝広告があまり得意ではないメーカーも多くあり、そんなメーカーが実はすごい商品を開発していたりするものです。4月14日(金)15日(土)に光市まで来店可能な皆様、ちょっとお時間をとって、宣伝の得意ではないメーカーの商品をご覧ください。

今日は玉川温泉のパワーを広めるために、以前の記事を再アップします。

大噴 おおぶき

秋田県仙北市にある玉川温泉。その源泉は大噴(おおぶき)と呼ばれ、98℃の酸性湯が毎分9000も湧き出しています。

この玉川温泉の特長として、ph1.2の強烈な酸性湯であること、そして温泉成分・湯の花からは微量のラジウム放射線が放出されていることがあげられます。

ラジウムはラドンというに気体なります。気体となったラドンは呼吸からも体内に取り込みやすく、ホルミシス効果が期待できます。

大噴測定

この測定器は微量放射線を放出する天然鉱石などから発生するマイナスイオン量を測定します。

微量放射線が放出されると空気の電離によってマイナスイオンが発生します。放射線の数(線量)と周囲に生成されるマイナスイオン量はほぼ比例関係にあり、この関係を利用してマイナスイオン量を算出しています。

NASAでも採用されている高精度のセンサー(ガイガー・ミューラー管)により放射線を検出、マイナスイオン量(1cm3あたり)に含まれるマイナスイオンの個数)に換算しデジタル表示します。

大噴付近でのマイナスイオン量を測定すると、739という数値が出ました。この日、この時、この場所でのマイナスイオン量は739個/cm3ということです。時間により、風向きにより、場所により、数値は異なってきますが、普通の場所では数値100を超えることはまずありません。

マイナスイオン測定

いい気持ちの湯の花ケットで測定してみると、一番高い数値でマイナスイオン量は926個/cm3でした。こちらも測定場所によりバラつきは出てきます。何度か測定してみると数値500〜数値900くらいといったところです。

薬師神社下測定

ちなみに薬師神社下の大きな岩がゴツゴツとある場所はラジウム放射線が強い場所として、玉川温泉常連の方には知られています。その付近で測定してみると、コンスタントに数値1000以上を表示して、その時の最高値はマイナスイオン量は2341個/cm3でした。

玉川温泉パワーは目には見えません。そのため、「玉川温泉・湯の花を商品に活用している」と謳われていても、本当に練り込んでいるのか?本当に半永久的な効果が期待できるのか?分からないと思います。

そのため、機械による測定をして、玉川温泉の源泉玉川の岩盤が普通の場所とは違うことを示してみました。また「いい気持ちの湯の花ケット」も同じ機械で測定していますので、この肌掛けふとんから放出される目に見えないパワーが存在することがご理解いただけるのではないかと思います。

山口県光市にあるアステールおかむらでは、美と健康に役立つ商品を厳選してご紹介しております。お近くにお住いの方はお気軽にお立ち寄りください。

フェイスブック

アステールおかむら
公式Facebook

温泉好きな皆さん!ご自宅で玉川温泉を楽しみませんか!

温泉

疲れたカラダを癒すには、ゆっくりと温泉につかって、ぐっすりと眠ることですね。温泉好きな皆さん、ご自宅のお風呂を玉川温泉同様にしてみませんか?この温浴器をご家庭のお風呂に入れるだけ!それだけで半永久的に使えます!

image


そして、一日のうち6〜8時間もの時間を過ごす布団は玉川岩盤浴ふとんDX湯の花ケット玉川の湯けむり枕で眠りましょう!

玉川温泉湯の花と電気石トルマリンが、あなたの睡眠時間をより快適で健康な状態に近づけてくれます。

image


4/14金〜4/15土は玉川岩盤浴フェア開催です。メーカー協賛で当日限りの特典もご用意しています。温泉好きな皆様、秋田県の玉川温泉について興味のある皆様、どうぞお気軽にアステールおかむらへご来店下さい。

山口県光市にあるアステールおかむらでは、美と健康に役立つ商品を厳選してご紹介しております。お近くにお住いの方はお気軽にお立ち寄りください。

一日一生

今日、再来店されたお客様から教えて頂いた言葉…「一日一生」。皆さんはご存知ですか?私は恥ずかしながらこの四字熟語を初めて耳にしました。


一昨日ご来店されたご夫婦。ご主人様が前日に病院から退院されたばかりで、軽い掛け布団をご希望されていました。店内体感用に置いてある羽毛肌ふとんをご希望されていることは分かりました。けれども病院から退院されたばかりですので何かお役に立てることはないか?と考えました。


ふと腕を見ると、北投石らしきブレスレットをされています。しかも二重の北投石ブレスレット。


私自身も秋田県の玉川温泉に魅了された人間ですので、北投石やラジウム温泉の微量放射線には何らかの不思議なパワーがあると信じています。(もちろん医学的根拠はありません)


ただ軽くて保温力のある羽毛肌ふとんよりは、玉川温泉・湯の花を練り込んだ湯の花ケットを使って欲しい!迷わずに思いました。


心から信じていることをお伝えして、そして眠りと寝具のプロフェッショナルとして最適な寝具をご紹介しよう!そのように考えて、羽毛肌ふとんと湯の花ケットをご紹介しました。


するとどうでしょう。即答で湯の花ケットをご購入頂きました。


お客様をお見送り後、すぐに御礼の葉書を書きました。早く快復してくださいね、と。


きっと葉書は今日着いたのではないかと思います。そして今日、再来店されました。まくらが欲しいんだけど…とおっしゃりながらの再来店でした。


まくらコンサルティングをしながら、いくつかの枕を体感頂きました。最終的にロフテー快眠枕の低反発炭パイプをお選び頂き、お客様に合わせて微調整をさせて頂きました。


その後、テーブルで色々なお話を聞かせて頂きました。そのなかで、お客様ご自身の信念として「一日一生」という言葉を教えて頂きました。この方から発せられるこの言葉はとても含蓄のある言葉です。


今日一日が自分の一生だと思って生きる。今日一日が自分の一生だとすれば、今を一生懸命生きることができる。そして今、目の前にいる人を大切にして、その人との出会いに感謝できる。


名言などを読んで感銘を受けることは簡単です。けれども実践することが難しいものです。お客様はそんな思いをすぐに行動に出来るすごい方だと思います。


山口県光市にあるアステールおかむらでは、美と健康に役立つ商品を厳選してご紹介しております。お近くにお住いの方はお気軽にお立ち寄りください。

玉川温泉パワーを測定

大噴 おおぶき

秋田県仙北市にある玉川温泉。その源泉は大噴(おおぶき)と呼ばれ、98℃の酸性湯が毎分9000も湧き出しています。

この玉川温泉の特長として、ph1.2の強烈な酸性湯であること、そして温泉成分・湯の花からは微量のラジウム放射線が放出されていることがあげられます。

ラジウムはラドンというに気体なります。気体となったラドンは呼吸からも体内に取り込みやすく、ホルミシス効果が期待できます。

大噴測定

この測定器は微量放射線を放出する天然鉱石などから発生するマイナスイオン量を測定します。

微量放射線が放出されると空気の電離によってマイナスイオンが発生します。放射線の数(線量)と周囲に生成されるマイナスイオン量はほぼ比例関係にあり、この関係を利用してマイナスイオン量を算出しています。

NASAでも採用されている高精度のセンサー(ガイガー・ミューラー管)により放射線を検出、マイナスイオン量(1cm3あたり)に含まれるマイナスイオンの個数)に換算しデジタル表示します。

大噴付近でのマイナスイオン量を測定すると、739という数値が出ました。この日、この時、この場所でのマイナスイオン量は739個/cm3ということです。時間により、風向きにより、場所により、数値は異なってきますが、普通の場所では数値100を超えることはまずありません。

マイナスイオン測定

いい気持ちの湯の花ケットで測定してみると、一番高い数値でマイナスイオン量は926個/cm3でした。こちらも測定場所によりバラつきは出てきます。何度か測定してみると数値500〜数値900くらいといったところです。

薬師神社下測定

ちなみに薬師神社下の大きな岩がゴツゴツとある場所はラジウム放射線が強い場所として、玉川温泉常連の方には知られています。その付近で測定してみると、コンスタントに数値1000以上を表示して、その時の最高値はマイナスイオン量は2341個/cm3でした。

玉川温泉パワーは目には見えません。そのため、「玉川温泉・湯の花を商品に活用している」と謳われていても、本当に練り込んでいるのか?本当に半永久的な効果が期待できるのか?分からないと思います。

そのため、機械による測定をして、玉川温泉の源泉玉川の岩盤が普通の場所とは違うことを示してみました。また「いい気持ちの湯の花ケット」も同じ機械で測定していますので、この肌掛けふとんから放出される目に見えないパワーが存在することがご理解いただけるのではないかと思います。



山口県光市にあるアステールおかむらでは、美と健康に役立つ商品を厳選してご紹介しております。お近くにお住いの方はお気軽にお立ち寄りください。

玉川温泉パワーを浴びながら眠ろう!

玉川温泉

玉川温泉の微量放射線を浴びながら眠りませんか?

電気石トルマリン微粉末も60gも使っていますので、微弱電流効果やマイナスイオン効果、遠赤外線効果も期待できます。

寝ている時間は、体と心を休息させる時間です。目には見えませんが、玉川温泉・湯の花から放出されるラジウム放射線で、もっと元気になれるかも・・・。

詳しくはアステールWEBショップをご覧ください。

山口県光市にあるアステールおかむらでは、美と健康に役立つ商品を厳選してご紹介しております。お近くにお住いの方はお気軽にお立ち寄りください。

TV番組でも紹介された「玉川温泉」知っていますか?

玉川温泉

2016年3月6日に放送されたTV番組「駆け込みドクター!運命を変える健康診断 」でも紹介されていましたが、秋田県にある秘湯・玉川温泉を知っていますか?


東日本にお住いの方はご存知の方も多いでしょうが、西日本ではあまり聞くことのない温泉名かもしれません。けれども玉川温泉といえば、知る人ぞ知る、奇跡の温泉として有名です。昨夜のTV番組をご覧になった方はなぜ有名なのか?お分かりでしょうが、まだご存知ない方に簡潔にお伝えします。


秋田県の山奥まで湯治に訪れる方のほとんどがガン患者だといわれています。そのわけは、「癌に効く」ともいわれているためですが、念のために申し上げますがその医学的証明はされていません。


ただ玉川温泉からは微量のラジウム放射線が放射されており、このことは「ホルミシス効果」が期待できると言われています。加えて地熱を利用した天然岩盤浴では、カラダを温める温熱効果も期待できるように思います。


実は、個人的に玉川温泉には3度ほど行ってきました。正直、何かの病を患っての湯治ではありませんでしたが、もう一度行きたい!と思う場所です。


玉川温泉についてお伝えしたいことはたくさんありますが、温泉の噴き出し口である源泉=大噴(おおぶき)を見ていると、「あぁ〜、もしかしたら、ここは地球という生命体から生命パワーが湧き出ているんじゃないだろうか!」と感じました。その生命パワーを肌から、呼吸から、体全体から吸い込むことで病が癒えていくんじゃないだろうか?などと思ってしまいました。(もちろん、なんの医学的根拠もありません)


実際に行った自分からすれば、玉川の奇跡はいくつかの要因が相互作用をもたらしているように思います。玉川温泉の特殊な泉質、ラジウム放射線によるホルミシス効果、岩盤浴による温熱効果、規則正しい生活、自然環境の良さ、人とのふれあい、皆で病を克服しようとする前向きな明るさ、玉川で治癒するんだという信じる心、…きっとまだまだ要因はあるでしょう。


そう思うと、何かひとつだけで何らかの奇跡が起こるとは全く思えません。けれども玉川温泉・湯の花を使った温浴器『甚の湯』を浴槽に沈めて、毎日ゆっくりと入浴することは悪いことではないと思います。個人的にも『甚の湯』を購入してから、ゆっくりと入浴するようになりましたし、個人的感想ですが、温もり方が違うように感じています。

玉川温泉温浴器


ゆっくりと入浴を楽しみたい方、玉川温泉の効果に興味のある方、玉川温泉温浴器『甚の湯』でラジウム効果を毎日楽しんでみませんか!アステールおかむらWEBショップからご注文下さい。


※玉川温泉は鉄をも溶かすほどの強酸性の泉質ですが、温浴器を入れても酸性湯にはなりませんので、ご安心してご入浴下さい。

山口県光市にあるアステールおかむらでは、美と健康に役立つ商品を厳選してご紹介しております。お近くにお住いの方はお気軽にお立ち寄りください。

秋田県の湯治場・玉川温泉に行ってきました

さらに遊歩道を歩いていくと、多くの人が見えてきます。そう!ここが有名な岩盤浴発祥の地です。今年の2月には不幸にも雪崩事故がおきましたが、新しいテントが作られています。

玉川温泉 岩盤浴


玉川温泉 岩盤浴

この辺りの地盤は手で触れると最初はあったかい!と感じるくらいなのですが、しばらくすると熱い!に変わってきます。遠赤外線の熱ですのでカラダの内側を温めてくれますが、直に寝ることは危険な熱さです。地熱は岩盤全体を温めていて、しかもところどころ蒸気も出ています。

この岩盤浴では単にカラダを温めるだけではなく、天然放射線であるラジウムもカラダに浴びています。微量の放射線を浴びることで細胞が活性化するといわれるホルミシス効果を期待して、日本全国から様々な病の方がやってきています。テントの中は常に満員ですので、少し遠慮気味にテント外の傾斜にゴザをひきました。

玉川温泉 ホルシミス効果

売店で買ったゴザを広げて寝ていますが、本当に熱くて、仰向けとうつ伏せを頻繁に繰り返しました。じんわりと汗をかいてきて、約1時間岩盤浴を堪能しました。岩盤浴を終えて帰るときにはトレーナーの色が変わるくらいビッショリと発汗していました。

岩盤浴での注意事情ですが、必ず水分補給をしましょう!かなり発汗しますので新陳代謝の活発になりますが、水分補給をしなければ脱水症状になる恐れもあります。また岩盤は熱いので、出来ればゴザを2枚くらい重ねた上にバスタオルをひろげてから寝るくらいが良いと思います。常連の方は、少し厚めなゴザを3枚程度重ねて、バスタオルをひき、サウナスーツのようなものに入って岩盤浴をされていました。

北投石

玉川温泉がその不思議な力で人々を癒していく秘密はこの北投石にあります。その話はまた次回…。

秋田県の湯治場・玉川温泉に行ってきました

2日目の朝、いよいよ天然の岩盤浴ができる「玉川温泉園地自然探求路」にやってきました。約1年ぶりの恋人に会うような気持ちで宿泊施設を出発しました。宿泊施設からは無料バスで送迎してくれ、約5〜6分で到着します。

PAP_0019

PAP_0017

右手を流れる川(?)は源泉から湧き出した温泉が流れています。当然、熱湯ですので危険ですし、一晩で包丁を溶かしてしまうほどの強酸性です。画像にうっすらと見える木製の桶のようなもの玉川温泉の「湯の花」を採取しています。

PAP_0014

大自然の営みを感じながら足をすすめていきます。

PAP_0013

PAP_0012

PAP_0011

かなりの蒸気が舞い上がってうまく撮影できませんでしたが、ここが玉川の湯の噴き出し口「大噴(おおぶき)」です。この大噴から水温98℃の強酸性の熱湯が毎分9000函▲疋薀犂45本分というとてつもない水量湧き出ています。1ヵ所からの湧出量では日本一を誇る源泉で、ゴボッ、ゴボッ、っと音を立てて湧き出る様子は地球の息吹を感じます。地球は生命体なんだ!とあらためて思い知らされる光景です。

この大噴から舞い上がる蒸気には天然ラドンガスですので、行かれた方は大きく深呼吸して身体いっぱいに吸い込んでください。特に呼吸器系の弱い方には良いようで、愛知県から来られていた男性いわく、「私はぜんそくで薬が手放せないのですが玉川にくると薬が必要なくなります。今年で8年目ですが、毎年自分へのご褒美として湯治に来ているんですよ。」とのこと。

ただ注意してほしいことがあります。

この自然探求路内には岩肌や岩盤からも蒸気が噴き出しています。これらの蒸気には有毒ガスが含まれているので注意してください。蒸気が身体にいいんだ!と思って有毒ガスを多く吸い込むと大変なことになりますので、大きく深呼吸するのは源泉「大噴」!と覚えておいてください。
プロフィール

アステールおかむら

ブログ記事検索
タグクラウド