眠りプロデュース★ ASTER BLOG

山口県光市に店舗を持つ1949年創業の専門店。快適な眠りのためのふとん、時をこえて輝くジュエリー、健康維持に役立つ商品など…。厳選したこだわりの商品をアステールブログで詳しくご紹介しますね。

玉川温泉

秋田県の湯治場・玉川温泉に行ってきました

湯治館・そよ風で長旅の疲れを癒すべく、ヘルシーな夕食バイキングの後はもちろん温泉です。

ここ玉川温泉は、十和田湖八幡平国立公園内にある八幡平焼山山麓の玉川地区から湧出する「大噴の湯」を源泉とする世界にも類を見ない奇跡の温泉です。

奇跡の第一は、「大噴の湯」の温泉水の凄さ。PH1.2の超強酸性で98℃というほとんど沸騰に近い熱水が、毎分9,000リットルという膨大な湯量で轟音とともに自噴する様は、まさに地球の営みの驚異を感じさせます。もちろんpH1.2という酸性度の高さも、毎分9,000リットルの湯量も本邦随一です。

奇跡の第二は、「北投石」という、微量の放射線を持つ石を産出する温泉であること。この北投石はラジウムなどの放射性元素を含む温泉水の成分が長い間に層を成して石化したもので、昭和27年に国の特別天然記念物に指定されました。日本では唯一玉川温泉だけで産出されるもので、世界中でもこれまで台湾の北投温泉、南米チリ、そして玉川温泉の3ヶ所でしか発見されていません。

奇跡の第三は、“癒しの湯”として天下に名高いこと。皮膚病、動脈硬化、神経病、消化器疾患、リュウマチ、交通事故の後遺症などに著効がある他、人間が生まれながらにもつ自然治癒力を高め、全身の細胞の働きを活性化して心身を若返させる効果があるといわれています。この玉川温泉の“癒しの力”は、玉川温泉関連の研究でこれまでに12名もの医学博士が誕生していることが如実に示しています。


湯治館・そよ風の大浴場には、源泉50%と源泉100%の2通りの湯があります。源泉100%とは、PH1.2という強酸性で、包丁をつけておいたら一晩で溶けてしまうほどです。当然ピリピリ、いやビリビリするくらい強い刺激ですので50%で身体を十分慣らしてから入ることをおすすめします。

bat01-5


施設の方いわく、「最初は50%に5分入浴→外でお湯を洗い流し休憩→50%に5分入浴→外でお湯を洗い流し休憩50%→5分入浴→外でお湯を洗い流し、トータルで15分くらいで終了がいいようですよ。」

そうやって強い刺激に身体を慣らして下さい、とお話がありました。そして、通常の温泉で無意識にしてしまう、お湯で顔を洗うことは絶対にしないで下さい、とのことでした。

けれども遠路はるばる山口から来た自分たちは、そんなアドバイスを聞いていても、ひたすら強酸性の湯(50%も100%も…)に入浴しました。これがあとで大変なことになるのですが…。

秋田県の湯治場・玉川温泉へ行ってきました

昨年の10月31日から2泊3日で秋田県の玉川温泉に行きました。路線バスの関係上、1泊目は田沢湖近くの水沢温泉に宿泊し、2泊目だけは玉川温泉に宿泊しました。きれいな空気、野菜中心のヘルシーな食事、そしてなんといっても「強酸性の湯」と天然ラジウム「岩盤浴」にすっかり魅了されました。

山口県への帰路、一緒に行った5名全員で、「来年はもう少し日数を長くしてもう一度行こう!」と目を輝かせながら決意しました。

PAP_0020


そして平成24年9月22日から3泊4日の日程で再び秋田県へ…。今回はお客様にも声掛けして、総勢12名で3泊4日の玉川温泉です。

徳山駅から東京まで新幹線、東京から東北・秋田新幹線を乗り継ぎ、約8時間で田沢湖駅へ到着。この時間に宿泊施設からの送迎バスも路線バスもないため、貸し切りバスを依頼していざ玉川へ。貸し切りバスのおかげで、今回は3泊とも玉川温泉の宿泊施設「そよ風」で過ごすことができます。ちなみにここ田沢湖駅から湯治館・そよ風まではバスで約1時間かかります。


PAP_0005

秋田県・玉川温泉紀行(4)

※「玉川温泉 公式ガイドブック」より転載

温泉治療のメカニズム

温泉療養が「万病に効く」というと、一種マユツバの類に聞こえます。医学の世界では、ひとつの病気に対し、ひとつの薬があたりまえで、「何にでも効く薬」といえば、「ニセ薬」と、相場は決まっているからです。
 
ところが、温泉療養は「万病に効く」とよく言われます。そのメカニズムを解明しましょう。

自然治癒力=自分の「元気力」

まず最初に、人は何故、「病気」になるのでしょうか。
 
「病気」とは、「病原」と同時に、人が持つ「元気力」が失われることによって、初めて発祥することがわかってきました。
 
例えば、最近流行の新型インフルエンザは、全ての感染者が発症する訳ではありません。人の体内には自己免疫力があって、外からの異物に対し攻撃し食べてしまいます。これを「自然治癒力」といいますが、人なら誰もが持っている自己保全をする力なのです。
 
この力=「元気力」が弱くなったり失ったりしている人に、病原の侵入があると「病気」になる、そう考えると辻褄があうようです。
 
例えば癌細胞です。実は、人間の体内では誰にでも、毎日生まれているそうです。しかし、多くの人は自己免疫力が毎日、癌細胞を退治しているのでガンは発症しません。この自己免疫力=「元気力」が弱まった時に、ガンを発症するのです。
 
「病原」はガンであると同時に、失った「元気力」でもあります。ガンだけでなく、あらゆる「病気」は、この「元気力」の欠乏が原因だとも言えます。

温泉成分の働き

温泉療養の働きのひとつは、この「元気力」を取り戻し、高めるといわれています。だから「万病に効く」のです。温泉が治療するのではなく、人の持つ「元気力」を回復させたり、高めたりすることによって、自分が自分を治すようになるというのです。
 
今自分が抱えている病と、自分が闘えるようになるのです。それが温泉療養ということです。
 
しかし、何が「元気力」回復に効果があるかは、科学的な実証データは、そろっていません。
 
また、温泉には様々な鉱物イオンが溶け込んでいます。温泉療養のもうひとつの働きは、それが、人体に影響を与えているとも言われます。玉川温泉は、塩酸を主成分とした強酸性で、硫酸や放射性元素も微量ながら含まれています。
 
これらの微量元素の、様々な要素が総体的に影響を及ぼしあっているのだと考えるべきでしょう。

病気でない人は、薬を飲んだりしません。しかし温泉は、健康な人には、さらに「元気力」をアップさせてくれます。だから健康な人でも入浴していいのです。

5つの総合作用

玉川温泉では、それを5つの総合作用として、まとめています。

強酸性泉効果
玉川温泉の泉質は、pH1.2という日本一の強酸性泉で塩酸を主成分とした珍しい温泉です。これがどの温泉よりも肌を刺激します。「元気力」を目覚めさせる事になります。

岩盤浴効果
また岩盤浴は、自然の地熱による温熱効果があります。北投石は温泉に含まれる重晶石=硫酸バリウムが結晶化してできたものです。微量ではありますが、ラジウムやストロンチウムも含んでいます。

これらは放射性鉱物で、これらが発する微弱な放射線は、玉川温泉研究会の盆畦酸萓犬猟敢困砲茲襪函⊆然放射能の5〜90倍のレベルに達しています。

一般に低線量照射による治療では、ホルシミス効果が働き、細胞機能を活性化させます。地表よりも地上1.5辰諒が、被爆量が多くなる結果が出ています。

温泉の物理的効果
温泉の持つ、温浴や水圧や浮力などによる物理的効果が期待できます。「元気力」を高める効果があります。

コミュニティー効果
さらに、お客さま同士の交流による精神的なケアがあげられます。「病は気から」といいます。気分から「元気力」を取り戻す効果です。
 
周りに希望に充ちた同病の同士がいるだけで、気持ちが明るくなり、生きる力が湧いてきます。病院との決定的な違いです。玉川温泉に来る多くの方々は、健康を取り戻すつもりで来ています。

自然環境効果
最後に、玉川温泉の周囲の自然環境が、健康体にします。ここは標高740辰旅盪鈎和咾任后5ぐ気低く、周囲は深い森です。きれいな空気と水に恵まれています。


この5つの力が、人の「元気力」を取り戻してくれると考えています。さあ、われわれスタッフやお客さまと一緒に、健康を取り戻しましょう。

※転載終了

玉川温泉 公式ガイドブック

秋田県・玉川温泉紀行(3)

十和田八幡平国立公園で本家本元の岩盤浴を堪能した後は宿泊地に戻って玉川の湯を味わってみます。

湯治館 そよ風概観


宿泊先は送迎バスで約7~8分、「ぶなの森 玉川温泉 湯治館 そよ風」です。この宿の源泉は、十和田八幡平国立公園内にある『大噴』を源泉としています。摂氏98℃、pH1.2、日本一の強酸性泉が毎分9000藩出。この湯をカラダにやさしい温泉にして湯船にひいてあります。

湯治館 そよ風


手前から「ぬるい気泡湯・源泉50%」、「熱い湯・源泉50%」、「ぬるい湯・源泉100%」と奥へと並んでいます。さらにドアを開けていけば、蒸し風呂や人工岩盤浴、打たせ湯、露天風呂などもあります。

玉川温泉の入り方としては…長時間入浴は適していません。何しろ塩酸が主成分の強酸性湯です。一般の温泉のように長時間浸かるのではなく、源泉50%から5分程度入浴して、同じ時間だけ上がって、再び入浴を繰り返したほうが良いようです。

最初から源泉100%に入るとカラダがびっくりしたりしますし、肌への刺激が強いので50%に入りながらカラダを慣らしていくほうが良いようです。

実際に源泉100%に入ってみましたが、髭剃りをしたあごと首付近、さかむけになっている爪の付け根はかなり強烈にピリピリしました。あとで色々な人に聞くところによると、玉川温泉に入浴しはじめて3日くらいすると湿疹のようなプツプツが出てくるそうです。そして10日くらいするとこの温泉皮膚炎がピークになり、次第に治っていくようです。なんでもカラダの中の悪いものが出ているとか…。

もしかすると、自分なんかは3日目に跡形もなくなっているのでは…と少し恐くなりました。

強酸性泉効果としては、どの温泉よりも強烈な刺激で人間の持つ『元気力』を目覚めさせてくれるのかもしれませんね。



※玉川温泉は鉄をも溶かすほどの強酸性の泉質ですが、温浴器「甚の湯」を入れても酸性湯にはなりませんので、ご安心してご入浴下さい。

秋田県・玉川温泉紀行(2)

奇跡の温泉と呼ばれている秋田県の玉川温泉。秋田新幹線の田沢湖駅を降りてバスで約1時間、山奥深くにある湯治場です。山口県の田舎町で暮らす自分達が言うのもどうかと思いますが、静かで心落ち着く癒し空間です。

大噴

玉川温泉 岩盤浴


遊歩道を進んでいくと玉川温泉の源泉大噴(おおぶき)があります。この大噴から水温98℃の強酸性の熱湯が毎分9000函▲疋薀犂45本分というとてつもない水量湧き出ています。1ヵ所からの湧出量では日本一を誇る源泉で、音を立てて湧き出る様子は地球の息吹を感じます。

ちなみにどのくらいの強酸性かというと、この水に包丁を浸けておくと一晩で鉄の部分は溶けてなくなるそうですよ。


玉川温泉 岩盤浴


さらに進んでいくと前方に赤いテントが見えてきます。

玉川温泉 岩盤浴


いたるところでゴザをひいて岩盤浴をしている人がいますが、赤いテントの中が温度状態などが良いようです。熱すぎず、有毒の蒸気も出ていない岩盤浴のベストスポットです。ただこのテントは様々な病を克服しようと頑張っている闘病中に方も多く、混み合っているときはそういった方を優先してあげるのが暗黙のルールだとのことです。

玉川温泉 岩盤浴


当店の店主は赤いテント脇で岩盤浴をはじめました。Tシャツ姿になってヤル気満々でしたが、ゴザをひいていた所々から蒸気が湧き出ていてかなり熱かったようでこの写真から数分後には移動していました…。

玉川温泉 岩盤浴


今までに経験した観光温泉地とは全く違い、自然そのものと人間が共生しているような気がしました。木々に囲まれた澄んだ空気、生きている地球のパワーをカラダ中に浴びる岩盤浴での癒し、そして悲鳴をあげるような強酸性の湯、そして生きるんだ!と頑張る仲間、そんな環境全てが相互作用して奇跡が起こることもあるんだろうと思いました。

秋田県・玉川温泉紀行(3)に続く

秋田県・玉川温泉紀行(1)

10月31日から11月2日までの2泊3日で秋田県・玉川温泉に行ってきました。本州の西端・山口県から本州のほぼ北端・秋田県仙北市にある湯治場・玉川温泉まで片道約12時間の旅です。

玉川温泉 岩盤浴


これが岩盤浴発祥の地といわれている十和田八幡平国立公園内の玉川温泉園地自然研究路入り口です。

玉川温泉 岩盤浴


入り口からも見えていましたが、中に入るとすごい蒸気が見えてきます。いままではネット上の画像などで見てきましたが、本当に迫力ある情景ですし、空気がきれいなところです。

玉川温泉 岩盤浴

玉川温泉 岩盤浴


入り口からすぐ左手にみえるところに人が集まっていますよね。ここは薬師神社下の大きな岩がゴツゴツとある場所なのですが、特別天然記念物・北投石から放射されるラジウムが強い場所なのだそうです。その付近の地下に巨大な北投石が埋まっているのか?その昔、湧き出てくる温泉の流れがこの付近にあったのか?理由はわかりませんが、細胞を活性化するホルシミス効果を得たいと願う、常連の人たちはまっすぐこの場所に来るそうです。

実際その場所に行ってみて岩や地面に手を当ててみました。ほとんど温かさはなく、時期が時期ですのでひんやりします。ここで寝ていると風邪をひいてしまいそうでしたので別の場所を探しに散策を再開しました。


玉川温泉 岩盤浴

入り口から少し歩いた右手には、源泉から湧き出た温泉水から湯の華を採取している木製桶が並んでいます。木製の桶の底に付着した硫黄成分を採取して乾燥させ入浴剤にするそうです。このときはなんとも思わなかったけれど、宿の大浴場もすべて木材のお風呂でした。そのわけは後ほど…。


玉川温泉 岩盤浴

玉川温泉 岩盤浴

北投石


この小高い丘の頂に特別天然記念物・北投石の木製の碑が立てられ、遊歩道脇に北投石の説明文が書かれています。この北投石こそが玉川温泉が奇跡の湯治場といわれる所以なのだそうです。北投石が産出されるのは世界中を探しても台湾の北投温泉と秋田県のここ玉川温泉だけです。

秋田県・玉川温泉紀行(2)に続く
プロフィール

アステールおかむら

ブログ記事検索
タグクラウド